「文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた」のレビュー

文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた

いろんな文章術の本を読むと、言ってることがバラバラで
「いったいどれが正しいの?」と思うことありませんか?

ある著者は「とにかく何でもいいから書け!」と言うし、
ある著者は「書く前にじっくり考えてから書け」と言うし、
じゃあ、どうすればいいんだ??と思ったりしますよね。

実は答えは「どっちも正しい」んですね。

書き手のタイプによって、書き方が変わってきます。
しかも、熟練度によっても正しいことが変わってくるでしょう。

初心者に「じっくり考えてから書け」と言うと、
考えこんでしまって全く筆が進まなくなるかもしれません。

それならば「とにかく何でも良いから書け」が正しいんですね。
うまくなるには書かないことには始まりませんから。

でも、それなりの段階になれば、闇雲に書くのではなく、
書くことを考えて書かないと文章もうまくなりません。

今まで文章術の本を読んでも上手くならないな…。
結局、何が一番大事なの?と思っている方は
ぜひ読んでみてくださいね。

こんな人におすすめ

  • 自分は文章を書くのが下手だと思っている人
  • もっと早く文章を書きたいと思っている人
  • ブログのページ離脱率が高い人
  • 「お前の文章は分かりにくい」と言われる人
  • 文章術の本を読みすぎて方向性を見失っている人

文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた

書籍の紹介

文章術の本で言われていることの中から
よく取り上げられている事柄がランキング形式にかかれています。

一番多く取り上げられていた事柄を1位として、
さらにスキルアップするためのコツなど、
40位までのランキングにして掲載されています。

特に序盤の「100冊を集めて分かった本当に大切な7つのルール」
は、文章術の王道ポイントですね。

まずは「一番大事な7つのルール」を守ることで、
読者にわかりやすい文章が書けるようになるでしょう。

この本の珍しいところは、
著者お二人の文章術はほとんど出てこないこと。

「要約本」のような作り方なので、
各ポイントに、お二人の考えなどは添えられていないんですね。

あとがきに、ちょこっとだけお二人のことが出ていますが
ノウハウというわけではありません。

ポイントをまとめることに注力している本であるがゆえに
文章術に重要なことは何か?がしっかり分かる本になっていますよ。

帯裏の紹介文はこちら

文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた

心に響いた言葉と私の感想

文章はシンプルに

1位にランクインしているのがこの
「文章はシンプルに」ということ。

もっと技術的なこと(?)が1位なのでは?と思ったら
どの文章術の本も「シンプル」が大事ということなんですね。
なんと100冊中、半数以上に書かれていたようです。

「1文の長さの目安は60文字以内」というのは新鮮でした。

目安の文字数まで提示しているものは
見たことありませんでしたから。

シンプルさも、「スマホで読む」ようになった
今ならではの事情もあります。

昔は本で読んだり、ネットといってもパソコンでした。

今はスマホの小さな画面で読むことが増えたので
シンプルさが昔よりも大事になってきているのですね。

書き言葉だけでなく、話し言葉でも同じかもしれません。
だらだら長いスピーチは退屈でつまらなくなってきますものね^^:

伝わる文章には「型」がある

2番目がこの「型」を使うと伝わる、ということ。

これが2番目ということに驚きましたが、
だからこそ私がまだ文章を書くのが苦手なのだな
ということにも気づきました(笑)

例えば「結論を先に書いてから具体的な説明をする」
とか、文章全体を構成する「型」に当てはめて書くと
文章の上達が早まるというものです。

ちなみにこのブログも

  • こんな人におすすめ
  • 書籍の紹介
  • 心に響いた言葉と私の感想

といった「型」にあてはめて書いています。

私はこうした型を意識して書くのは、今まで苦手でした。
だからこそ、このブログで練習しているというのがあります。

きっと型にあてはめて書くのが得意なら、
文章を書くことも得意だと思うんですよね^^:

この本には文章の練習ができる「型」についても紹介があるので
ぜひ、それを参考に練習してみると良いと思いますよ。

著者の紹介

㈱文道という会社の代表と取締役のお二人の共著です。

この「文道」という会社はライター集団とのこと。

様々な著者にインタビューして本を仕上げる
いわゆる「ゴーストライター」の会社とも言えるでしょう。

ホームページのご自身の紹介でも
「ゴーストライターに誇りをもっている」とのくだりがあります。

ゴーストライターというと、捉え方いろいろあると思いますが
そこまで自信をもって人前で公言されているのは珍しいですね。

著者というと何らかの特技や技術があるとか有名人とか
そういうイメージですが、それらの方々の文章を編集したり
サポートして執筆するのがこのお二人なんですね。

本を仕上げる裏方さんだからこそ、
「文章を書く」ということについて一番分かっています。

このお二人が「自分たちのこと」ではなく、
「他の人のこと」について書いているのか?は
あとがきを読むとよく分かります。

お二人の「モノを書く」ということに向き合う考え方が
あとがきから伝わってきますので、読んでいただきたいですね。

まとめ

同ジャンルの本を何冊か読むと、いくつかの本で
同じような内容がかぶることが出てきますよね。

私も新しいジャンルで知りたいことが出てきたら、
そのジャンルに関する本を何冊も読んだりします。

何冊か読むことで「本当に大事な点は何なのか?」
を内容のかぶりで見つけていくことができるからです。

この本は、そんな「内容のかぶり探し」みたいなことをしなくても
かぶったものをまとめてくれているのですごく便利!

自分で何冊も読む手間をはぶいてくれている
というだけでもすごーくありがたいことですね^^

時間とお金の節約して、結論が知りたい人におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA